So-net無料ブログ作成
 当サイトで無料視聴可能な公式ミュージックビデオ ⇒  411本 

宇多田ヒカル - 桜流し(Short Ver.)_YouTube公式MV|PV音楽ちゃんねる無料ウィキ [ 動画 画像 歌詞 意味 エヴァ 英語 ピアノ 場所 ] [宇多田ヒカル]

スポンサードリンク

宇多田ヒカル - 桜流し(Short Ver.)_YouTube公式MV|PV音楽ちゃんねる無料ウィキ
[ 動画 画像 歌詞 意味 エヴァ 英語 ピアノ 場所 ]



2012年11月17日公開 映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」テーマソングとして書き下ろされた宇多田ヒカル­の新曲。
このミュージッククリップの監督はカンヌ国際映画祭でグランプリを受賞している河瀨直­美。"母性"を普遍的ながらも美しき日本の風景で表現し、監督曰く「こういった時代だ­からこそ、"今身近にある、触れられるものを大切にしたい"というメッセージも込めた­かった」とのこと。宇多田ヒカルと監督が何度も打ち合わせを重ねて作り上げたまさにコ­ラボレーションフィルムです。

■リリース情報
「桜流し」配信中
「桜流し」関連商品(RBTを除く)のいずれかをご購入の方に「"ヱヴァンゲリヲン新­劇場版:Q"ポスタービジュアル待ち受け」・「貞本義行書き下ろし"桜流し"待ち受け­」をWプレゼント!(~2013/2/17まで)

----------------------------------------­----------------------------------------­--------------------------------
Utada Hikaru wrote the new theme song for movie Evangelion: 3.0 You Can (Not) Redo, which was released on November 17, 2012.
The music clip was directed by Cannes International Film Festival Grand Prix winner Naomi Kawase. The clip expresses the concept of "motherhood" in a universal light, using beautiful sceneries of Japan. Kawase says, "Because we live in a time such as this, I wanted to incorporate the message of 'the need to value the things that are presently and immediately around us and can be touched.'" This is a collaborative film for which Utada and Kawase met and exchanged ideas many times in the process of creating it.

■Release Information
Utada Hikaru - Sakura Nagashi (theme song for Evangelion: 3.0 You Can (Not) Redo)
- Video clip will be available for download from November 28.
- Song is now available for download.
* Recochoku DL freebies: "Utada Hikaru wallpaper image created by Yoshiyuki Sadamoto" and "wallpaper of Evangelion: 3.0 You Can (Not) Redo poster." (Campaign ends on 2013/2/17)
※YouTube※

スポンサードリンク




[ 動画 画像 歌詞 意味 エヴァ 英語 ピアノ 場所 ]

宇多田ヒカルが「人間活動」として活動を休止して以来初のシングルで、新曲の発表はおよそ2年ぶりとなります。

本楽曲は自身が主題歌を務めてきた映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの第3作、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の主題歌として書き下ろされたもので、庵野秀明監督からの「映画の展開には沿わず、今宇多田さんが思うこと、感じていることを歌にしてほしい」という希望により、ストーリーをほとんど知らないまま製作したほか、宇多田自身もネタバレするのを嫌がったらしく、映画の展開をほぼ知らないまま作詞したという逸話があります。

作曲は、宇多田とイギリス・ロンドン在住のソングライター・プロデューサーであるポール・カーター(英語版)の共作で、カーターは2012年11月2日の時点で『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』関連曲を制作したとブログに書かれており、カーターによる同曲のピアノインストゥルメンタルがYouTubeで公開されていました。

2011年9月から作り始め、一年かかって完成したといわれています。

同映画の公開日が発表された時点でもなお主題歌の詳細は発表されておらず、宇多田が続投するのか全く判らない状況で、その後、映画公開日の午前0時にスタッフのTwitterアカウントにより初めて情報が解禁されました。

なお、宇多田ヒカルはまだ「人間活動」中であり今回の楽曲発表はあくまでも特例とされており、今後も音楽活動を再開するかどうかは未定であるとのことです。

初CD化は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』のDVD・Blu-rayの初回特典であるサウンドトラックアルバムで、通常商品としてのCD化は2013年現在行われていません。

本作のプロモーションビデオは、カンヌ国際映画祭でグランプリ受賞の経歴を持つ河瀨直美により「母性」をテーマとして制作されました。

宇多田本人は一切出演しておらず、日本の身近な風景や新生児の映像で構成されており、自身がPVに出演していないのは「Beautiful World」「Kiss & Cry」と合せ3度目です。

ビデオは発売日より11月19日までの3日間限定で特設サイト及びYouTube上でフルバージョンが公開され、公開3日間で350万回再生を記録しました。

iTunes Storeでは配信開始の11月17日0時から2時間50分でiTunesトップソングチャートの1位を獲得し、レコチョクほかを含めた17、18日2日間の総ダウンロード数は10万ダウンロードを記録し、「Flavor Of Life -Ballad Version-」以来、最速初動の記録となりました。

▼画像



ブログパーツ
[ 動画 画像 歌詞 意味 エヴァ 英語 ピアノ 場所 ]

>> トップページへ

人気ブログランキングへ
スポンサードリンク

nice!(0) 

nice! 0

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。